建築・設備 診断支援システムアイコン建築・設備 診断支援システム

建築・設備 診断支援システムメイン画面

診断結果と判定を入力して、図面にプロット、写真を撮る、操作はこれだけ!

建物診断や設備診断を行う場合、図面、カメラ、ノートを持参して現地調査を行う従来の方法では、帰社してからの報告書作成に時間が掛かります。このシステムを使えばタブレットで診断結果を入力し、図面に診断場所をプロットし、写真撮影すれば、自動でデータを紐付して、診断結果報告書を作成します。現地調査の効率化と報告書作成作業の大幅な省力化を図ることができます。

対象業務

  • 共同住宅、オフィスビル、商業施設、ホテル、公共施設、生産施設などの定期建物診断など
  • 共同住宅、オフィスビル、商業施設などの(長中期修繕計画策定のための)建物劣化診断など
  • 共同住宅、オフィスビル、商業施設などの原状復帰工事や営繕工事のための建物診断など
建築・設備 診断支援システムメイン 調査結果の入力 画面

調査結果の入力

  • 調査結果の入力は、工種、階、場所を選択して調査対象を選び ます。つぎに調査結果と判定を選択入力しますが、分類1と分類2を使って調査結果の候補を絞り込むこともできます。
  • 各階共通の診断結果(判定)の場合は、共通階を使います
建築・設備 診断支援システムメイン 写真撮影 画面

写真撮影と編集機能

  • 写真撮影は動画をモニターして「写真ボタン」で撮影します。
  • 撮影した写真は診断結果と自動で紐付します。
  • 写真に図形(矢印、線、円、四角形)と文字を加えられます。
  • 図形と文字の色は赤、白、青を選択できます。
  • 写真に撮影時間(日付と時間)を入れることもできます。
建築・設備 診断支援システムメイン 図面へのプロット 画面

図面へのプロット

  • 選択階の図面を表示しますので、診断場所をプロットします。
  • マークは●■▲▼★、色は赤、橙、青、緑、黒を選択できます。
  • プロットした場所にマークとIDを表示して、診断結果に自動で紐付します。(必要に応じてコメントの追記もできます)
  • 診断場所が見失った場合でも、5段階の図面倍率ボタンを押すことにより、診断場所を画面中央に表示できます。
  • 異なる診断の場所と区別するため、他の診断場所のマークは薄い色で表示します。
建築・設備 診断支援システムメイン 診断結果報告書 画面

診断結果報告書

  • 現地調査(診断)で工種、階、場所ごとに入力した診断結果と判定、ならびに診断結果に紐付けされた種々の写真や図面データを利用して、Excel形式の診断結果報告書を自動作成します。
  • 診断結果報告書のレイアウトは御社に合わせて変更できます。