建設業向け 業務支援タブレットアプリシリーズアイコン建設業向け 業務支援タブレットアプリ シリーズ

従来の診断、検査、点検などの業務では、書類、図面、撮影機器材等の作業備品を作業員が現場で携えながら作業にあたり、必ずしもスムーズに作業を行えませんでした。 業務支援アプリでは、それら携帯品をデジタルデータとして一つのタブレット端末機に集約し、現地での診断・検査・点検作業をスムーズに進めることができます。 すべての作業をWindowsベースのタブレット端末のみで処理できるため、入力作業後の報告書も、現地での作成はもちろん、帰社後の作成でも大幅な省力化を図ることができます。 また、クラウド環境や専用サーバーの構築も必要なく、容易に導入・稼動できると共に、Excelとのシームレスな連携により、既存システム資産との親和性も高く、余計な投資も不要なタブレット端末専用ソフトです。

シリーズラインナップ

建物診断の効率化と報告書作成時間の短縮化をアシストします。
建物検査をはじめ、役所検査、消防検査、施主検査などに対応した検査支援アプリです。
現場でのチェック後、作業所で印刷し、その日の夕方には業者ごとに指示書を渡すことが可能になります。
施主に対して、その場で工事内容や工事のイメージを説明、工事内容の理解を深める資料作りができます。

ワークフローの比較

ワークフローの比較

作業時間の比較

  • 現場で直接タブレット端末に診断結果(指摘事項)を入力しますので、これまでの紙による診断(検査)スタイルと違い、帰社してから診断結果(指摘事項)を再入力する必要がありません。
  • 事前準備や現地作業の時間は従来方法とあまり変わりませんが、報告書作成時間は90%減となり、合計時間も大きく短縮されますので、人件費の大幅なコストダウンを図ることができます。
  • 紙の印刷枚数も、従来に比べ60%以上削減されますので、紙の印刷と合わせ、診断(検査)業務の大幅なコストダウンを実現します。

A社(建物診断):中規模事務所ビルにおける建物診断の場合

建築・設備診断支援システム 従来の場合 タブレットの場合 概要
1.事前準備 1時間 50分 図面を確認する時間は大差ありません。
2.現地作業 7時間 8時間 従来はメモをとる時、キーワードのみを走り書きしたりしますが、タブレットの場合はそのまま報告書に反映されるので、きちんと入力しておく必要があります。
3.報告書作成 28時間 10分(3時間) ( )は加筆修正を含めた時間です。
合計 36時間 9時間(12時間) ( )は加筆修正を含めた時間ですが、それでも圧倒的な時間短縮が可能となります。

B社(施工検査):中規模事務所ビル新築工事における設備の施工検査の場合

建築・設備検査支援システム 従来の場合 タブレットの場合 概要
1.事前準備 2時間 2時間 図面を確認する時間は同程度です。
2.現地作業 3時間 3時間 受検者は自分のペースで検査できないため、時間は大差ありません。
3.報告書作成 3時間 5分(30分) ( )は加筆修正を含めた時間です。
合計 8時間 5時間(5.5時間) ( )は加筆修正を含めた時間ですが、それでも時間短縮は可能となります。

シリーズの特長

1.ペーパレスで作業
タブレット端末へ業務に必要なデータを格納しますので、検査・点検・診断リストやチェックシートなどを持たずにペーパレスでスムーズな業務が行えます。
2.ミス、漏れの防止
現場でタブレット端末を参照し、該当箇所、作業手順の確認が行えるため、ミス、漏れを防ぎます。
3.簡単操作で効率化
タブレット端末の特徴である簡単に操作できるユーザーインタフェースで、作業中のコメントや計測値入力を行えるとともに、タブレット端末付属のカメラで写真撮影ができるので記録作業の効率化が図れます。
4.報告書作成時間の短縮
現場での入力により報告書もExcel形式で自動的に作成されるため、今までのような帰社後の事務作業時間を大幅に短縮できます。
5.低コストな導入を実現
専用サーバー、クラウド環境、データ変換ソフトが不要なので、既存のタブレット業務アプリに比べると大幅な低コストで導入できます。
6.WindowsやExcelとの親和性
Windowsベースのアプリケーションのため、既存の情報資産との親和性もよく、報告書の出力もExcel形式のため余計な投資が必要なく、コストパフォーマンスに優れています。

お問い合わせ・導入の流れ

アプリを貸出しいたします。お気軽にお問合せお問い合わせください。 お問い合わせ・導入の流れ

システム要件

コンピューターおよびプロセッサ
Intel Atom 3740以上のCPU搭載機種(Intel Core i、Core M 搭載機種を推奨)
メモリ
2 GB以上 の RAM (32 ビット、64 ビット)
ハード ディスク
4 GB のディスク空き容量
リムーバブル・メディア
2 GB以上 (SD または MicroSDの場合、クラス10を推奨)
タッチ・ディスプレイ
解像度は1280×800、1366×768、1920×1080の3種類に対応
オペレーティングシステム
Windows 8 または Windows 8.1(Windows7は、お問い合わせください)
タブレットアプリ シリーズはデスクトップ画面で動作します。アプリ ビューでは動作しません。
.Net のバージョン
.NET Framework 4.0以降 (3.5は、お問い合わせください)
その他の要件
Microsoft Excel 2010 または 2013
内蔵カメラ または USBカメラ(500万画素以上を推奨)
リムーバブル・メディアは必須です(SD、MicroSD、メモリースティック、USBメモリーなど)
タブレット用ペン(手書き入力を使う場合)